受験


長女が中学3年生でして、受験を控えています。
希望している高校にちょーっと成績が足りていないのですがw
まあ本人がその高校に行きたい、というので志望校を変更することなく行くつもりです。
やりたいなら本人が納得するようにやったらいいと思っています。
たとえ挫折しようが、きっと本人織り込み済み(潜在意識で)だろうし、正直それを見守るのは私には辛い気もするが、それも私自身織り込み済みだろうw
人生43年やっていると、高校などあくまで過程の一つであり、どこに行っても結局本人次第ということを身をもって知っているのでその辺が子どもにうまく伝えられたらいいなぁと思っています。
あ、もちろん頑張りが実って希望高校に行けることを願っていますよ。

こうして自分が受験生の母になって思うことは
「私が受験生だったとき、母は辛かっただろうなぁ」
ということです。

うちの母は超学歴主義でして、私が小学校のころからトップ校以外は馬鹿が行くところ、馬鹿学校の制服を着て歩けば道行く人は「馬鹿が歩いている」と思うんだ、と言い続けておりました。(スゲーこと言うな!)
『自分が大学に行きたかったのに行かせてもらえなかった。もっと飛びぬけて頭脳優秀だったら行かせてもらえただろう。大学に行かなかったことが人生をダメにした』と思い込んでいるためそのような思考になったようです。

しかし、そのように洗脳環境にいたにもかかわらず、先天性ボンヤリ症の私にはまったく響かず、成績は振るわなかったようで常に怒られておりました。
高校受験も最終的には1つランクを下げ受験しました。
トップ校でない高校に通った私を「恥ずかしい」と思っていたようです。
私は大学受験も(母的には)失敗しましたので、私の高校受験から就職までの数年間、母は「地獄」の日々だっただろうと思います。実際体調崩してたし。突発性難聴かなにか。

もし今の私が、母のように学歴主義者で娘をトップ校に入れたくて仕方がない人間だったら、心は地獄だと思います。
来る日も来る日も心落ち着かず、娘が勉強しているか部屋を覗き、せっせと夜食を運び、ご機嫌を取り、そしてテストの度に鬼になっていたでしょう。
受験が近づいたら、もうストレスで髪の毛抜け落ちるんじゃないか。
考えただけで恐ろしい・・・・

母はこれを地で行っていたわけですから、「ああ、さぞ辛かったことだろう」と思うわけです。

私の妹はトップ校に行き大学受験も成功したので母の願いは叶ったわけですが、妹は真面目さゆえか非常に視野が狭く思い込みが強く、あれこれ拗れております。メンタルが弱いかな。
母の妹たちは大学に行かせてもらい二人とも教師をやりましたが、やはり性格が難でして、多方面で拗れております。

私は母的には失敗人生ですがw、いろいろな経験をさせてもらって人生楽しいですよ。

身の回りにこれだけ「学歴などたいして意味がない」ことを証明してくれる存在がいるのに、母は相変わらず学歴主義者です。すごい。懲りないというかなんというか、もう治ることもないだろうから、どうぞ死ぬまで貫いてください。



私は母のストレスをもろに受けない性格で良かったなぁとつくづく思います。もろに影響を受けていたら、たぶんおかしくなっていたでしょう。
ボンヤリで良かった(!?)

さらに、もし私が頭脳優秀でいわゆる勝ち組で成功の道しか知らなかったら、やっぱり今ごろロクでもない人間だったでしょうから、高校大学といわゆる失敗をしたのは私自身織り込み済みだったのだろうなとも思います。
(頭脳優秀だってマトモな人はいるでしょうが、私の場合は学歴があってなんぼの価値観に縛られロクでもなくなっていたと思います)
アホで良かった(!?)


娘よ、学歴は二の次三の次。明るく楽しく賢く素直に、人生を歩んでおくれー。










| ホーム |


 ホーム  » 次のページ