偏食野郎


偏食の長女。
まぁ偏食というほどひどくはなくて、ほとんどの肉が食べられない、卵の白身が苦手というだけなのですが・・・・(十分偏食?)

肉は豚ひき肉、鶏ひき肉、鶏の笹身しか食わん。(歯を立てた時に「肉っっ」って感じのものがダメ)
卵は黄身と白身がしっかり混ざっていれば大丈夫だが、ちゃんと混ざっていない卵焼きとかは白身をはじく。
魚も嫌い。

誰ですかこういう馬鹿を育てたのは。

野菜はちゃんと食べるし、肉食わなくても死ぬわけじゃないし~と放置していたのが悪かった・・・
今になって面倒が起き、あのとき放置した自分を呪う~

育ち盛りな上にヘビーな運動部に所属しているのでタンパク質は必須かな~と思うのですが、このたんぱく質を取らせようと思うとこれがまあ面倒くさい。
「栄養素をしっかり摂らなくちゃ!」とは全然考えていなくて、テキトーなのですが、さすがにタンパク質全く摂れないというのはどうかなぁと。
先日体調不良の友人が病院にいったら「栄養失調です」と言われたというし(食べてはいたが相当栄養が偏っていたらしい)。
で、なんとか食べさせようと思うわけですよ。母ちゃんエライ。

肉が食えれば肉をサッと焼いてほらよっと出せるが・・・
長女に合わせたら、ハンバーグ、つくね、そぼろ、コロッケ、メンチカツ、ドライカレー、笹身フライ・・・・など限られたメニューの無限ループ。
手間がかかる上に他の家族が飽きる。
夕食などは普通に作って長女には「肉は避けて食え」といえばいいが、問題は弁当。
高校生なので学校は弁当持参なのですが、弁当に入れられるものが限られていて困る。しかも上記のような手間のかかるメニュー・・・まとめて作って冷凍してますが・・・・・

で、昨日の夕飯時に、肉片をはじきながら食べる長女に
「ったくそのくらい小さい肉食えるだろう~。あれもダメこれもイヤってさー長女の食事づくりに悩んで私が鬱になったらどうするのよ~!」
と冗談言ったら。


「がっかりする」

ときた。


「え?なにが がっかり?」

と聞いたら


自分の母親がそんなくらいで鬱になるなんて、弱いんだなぁ~ってがっかりする」

だって。

こ…この女。
まぁそのとおりでしょうけどね。
”わかった!ママがそんなになったら困るから、ちゃんと食べるように長女頑張るっ!”的な可愛い部分はないのかと。

誰ですか、こういう人間に育てたのは。
おそるべしサヌキ女・・・・













| ホーム |


 ホーム  » 次のページ