んこ好き

これからカレーを食べる人は読んではいけません。


某Gによると、某Vの管理人某Pさんが「うんこみくじ」を作るらしい(爆)
(なんて内輪なネタなんだ)
(本当に作ってよ)


我が家には「うんこあみだくじ(別名明日のウンコ占い)」がある。
私が作った。
自分が選んだ選択肢であみだくじを辿っていくと、
・バナナうんこ
・ころころうんこ
・くっせーうんこ
・びちびちうんこ
ほか数種類のうんこに辿りつく。
それが明日のあなたのうんこ、というクジである。(くっだらねー)

なんとなく暇なときに思いついて作ったのだが、
長女(中1)と次女(小3)は涎を垂らして喜んだ。(中1でそれはヤバかろうよ、娘よ・・・)

子どもってうんこ好きですよね。
学校の読み聞かせボランティアでも、うんこネタの本(結構ある)を読むと
どの学年でも盛り上がり方が半端ない。
(ここで一緒に笑うか、困るか、静かにしなさい!というかで私は先生のランク付けをしている)
(ちなみにこのとき、朝から子どもたちの前でウンコうんこと連呼している自分を客観視してはいけない)
(ウンコうんこと連呼・・・韻を踏んだ・・・・)

数年前に我が子のあまりのウンコネタ好きっぷりに私が作ってやったミニ絵本は
娘によって今も大事に保管されている。
ストーリーはあまりにウンコ好きの姉妹が、ウンコ大王にウンコにされる、という・・・(くっだらねー×2)

・・・・とまぁ、こんな風に小さいころから思う存分ウンコと戯れている我が子。
ついにこの間こんなことが。

夫とウチの近所の野生化したある鳥について話していた。
そこへ長女がやってきて大爆笑。
「なに!?野生のウンコってどういうこと!?」
漏らさんばかりに笑い転げている。

・・・・野生のインコだよ、インコ。
野生のウンコって想像でき・・・なくもないが
インコがウンコに聞こえるって、もう病気でしょ。

それを呆れて見ていた(いつかifさんに凹されそうな)夫が一言。

「ああ・・・うちの娘は二人とも母親によってウンコ洗脳されてしまった・・・」

本当に残念そうに言っていました。冗談の通じない奴だよ。しかも私のせいかよ。




まことに下らん記事でごめんなさい。

<< 「にがてなもの」 | ホーム | 「わかってない」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム