う~み~


先週は海で遊び呆けていました。

伊豆の最南端の弓ヶ浜という浜で、白砂で海もきれいなんです。遠いけど。
ひたすら波乗り(なんちゃってボディボード)をし、旅館の飯を食い、温泉に入り・・・・
気温も私が住んでいる内陸部に比べて5度くらい低く、さらに海風が心地よく、
気持ちの良い暑さで過ごしやすいのです。

「ああ・・・ずっとこの生活だったら」と思ったw
(しかしここに住んだら住んだで、やれ洗濯物がなかなか乾かないだの、車が錆びるだのいろいろあるのでしょうが)

無事に帰ってきて昨日PCを立ち上げたら、なんだか知らんが迷惑メールの嵐(600通以上)で
そのなかから必要なメールを探し出すという作業・・・・ぬおーーー




で。昨日髪の毛を切りに行き、店長さんに聞いた話。
店長さんは私と同世代の女性で、20代の頃ボディボードに嵌っていたそう。
週末となれば海に繰りだし、波に乗る。
そんな中で体験した出来事・・・・

離岸流ってご存知の方も多いかと思いますが、字のとおり、岸から離れ沖の方へ向かう流れ。
沖に出て、岸に戻りたいのに戻れない。泳いでも泳いでも岸から離れていくばかり・・・
という状態はこの離岸流に乗ってしまっている時らしい。
反対に岸の方に向かっていく流れがあるそうで、
見分けるコツをつかめば苦労せず岸に戻れるらしい。(自分で調べていないので詳しくわからない)

店長さんがボードに嵌っていた頃、
練習を見てくれていた人と少し離れた場所で練習したことがあり、
「さて、岸に戻るか」と思ったら戻れない。
いつもは練習を見てくれていた人の誘導で岸に戻っていたらしい。

泳いでも泳いでも岸から離れていくばかり。
周りに人もいないし助けも呼べない。
「ああ、ここで死ぬかも」と本気で思ったんだそう。
しかし泳ぎ続けているうちに岸に向かう流れを見つけ
「よかった!!!助かる!!!!」と思った瞬間、
自分の背後から


「ちっ」


と舌打ちが、ハッキリと聞こえた。
え?と振り返るも当然誰もいない。


店長曰く「私をあの世へ引きずり込めると思っていた存在が舌打ちしたんだと思う」・・・・

きゃーーーーーーーーーーーーー!!!
怖い!怖いじゃないか!!
髪の毛切ってもらいながら叫んでしまったw


店長さんはお母さんが霊感が強く、店長さん自身も若い頃はそれなりにいろいろ見たそう。
ひぃぃぃぃ。
海ってそういう意味でも危ないとはよく聞くが、本当ってことだろうか・・・・


水の事故、多いですから皆さんお気をつけて。

とりあえず「自分は無事に帰る」と強くイメージして出かけましょう・・・・




<< | ホーム | 夏休み~ >>


コメント

Re: 怖いよ!

ご、ごめんごめん。

鳥肌立つよねぇぇぇぇぇぇ。

Re: なにそれ怖い

うははは
長女もまったく同じ反応「ちょっと!最初に怖い話だよって言ってよ!!」と涙目でしたw
すみませぬ。

怖いよ!

のどかな夏休みの話かと思ったのに!
うわぁぁん!(つД`)ノ

なにそれ怖い

怖いじゃないかよ!
(臆病なんだから、最初に怪談です、と書いてくれたら
  その心構えが出来たのに!)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム