先週、私の実家(と言っても父と母は別居中なので、母が住んでいる家、と言う意味)に子どもを連れて出かけた。

大変に面倒な人なのであまり行きたくないが、まぁ年に数回は孫の顔を見せよう。
母も孫の前ではふつうにしている。
しかし隠し切れない「くそばばぁ」な部分が会話の端にチョロッと顔をだす。

今朝も電話をよこしたのだが、やはり私と二人で話していると「くそばばぁ」なので
私は朝から大いに不愉快になる。

思い込みが激しい。自分が正しいと思っている。物事を俯瞰できない。
他人の過去の発言を記憶しておりそれをもとに他人を責める。キチガイ。
亥年でしし座(猪突猛進)

最後のは私の偏見ですが・・・

不愉快にさせられたまま電話を切りたくなかったので、
「誰もそんなことは言っていない」
「一度発言した事は一生守らなければならないのか」
と返して電話を切る。

この人には是非、呆ける前に芯でもらいたい。
この性格の人間が呆けたら、周りが加害者の殺人事件に発展しそうだ。


*

そして一昨日は夫の実家に出かけた。
こちらの母親も別な意味で大変に面倒な人なので会いたくないが、
子どもたちが従妹やハトコに会うのを楽しみにしているので仕方ない。

こちらは私の母とは正反対に「気が弱い」。
イラッと来る。
罵倒したら消えてなくなるんじゃないかと思うくらいに気が弱い。
自分で物事を考えたり決めたり出来ないので、常に人に委ねる。無意識。
やらなくていいことをやり、やるべきことをやらず、オロオロオロオロしている。

思い込みが激しい。人の話を聞いていない。権力を崇める。
自分を存在価値のない人間だと思っている。物事が俯瞰できない。
決められたレールの上以外歩けない。
(ちなみにこっちは丑年でしし座だ)



*

この二人の「不安なこと」に対する反応の違い。

先ず私の実母。(たぶん68歳)

私の長女がテニス部なのが気に入らない。
うちのテニス部は練習が厳しい。でも長女は頑張っている。
「日焼けする、紫外線が体に悪い、目に悪い」
「熱中症が心配」
「あまり部活を熱心にやると受験勉強に影響がでる」

挙句の果てに出た言葉が
「早く部活やめてくれないかな」 (刺すぞ婆ぁ)

長女のことを思いやって言っているのではない。
自分が「心配ごと」と抱えているのが嫌なのだ。
だから心配の種を『破壊して無くす』。

さらに長女を馬鹿にもしている。
「そんな一生懸命やったってたかが知れている」(ぶっ殺すぞ婆ぁ)

しかし本人的には「長女を心配している。部活なんてそんなに一生懸命やらなくても」ということらしい。
長女が聞いていなかったからスルーしたが、聞いていたら心の声を実行するところだ・・・・


続いて夫の母。(たぶん78歳)

一昨日義母の家に遊びに行ったときに、
うちの子や従妹やハトコの楽しそうな声に釣られて、義母の家の近所の子(小4)が顔を出した。
しばらくみんなで遊んだあと近所の子は帰って行った。
ただそれだけのことなんですが。
その子が帰ったと知ると、義母は小さい声でブツブツと
「お菓子でも上げようとおもったのにね、帰っちゃったね」と言っている。

そのあと間を開けて、これを4回言うわけです。(く、首絞めたい・・・・)

「何かしてやらないと悪い」気がするようです。
相手がそれを求めているか求めていないかは全く関係ない(もともと人の話聞かないしね)
自分の「してやらないと悪い」気がチクチクを義母を苛み、いつまでたっても気が済まない。
気を済ませるために誰かに「そんなの気にしなくて大丈夫だよ」とかなんとか言ってもらいたい。

だから誰かからその言葉を貰えるまでずーっと言い続けてるわけ。
誰がそんな言葉言ってやるもんか、とずっとスルーしていたら、4回言いました(私って鬼!)

義母はこのように「不安なこと」があると誰かが「大丈夫だよ」と言ってくれるまで
ずーっと誰かに向かって自分の不安な気持ちを唱え続ける。
(※これが「誰か」なんですよ、空間に向かってブツブツいってるの。
 自分から面と向かって誰かに言えない。空間にブツブツいって、
 誰かが声を拾ってくれるのを待っている)
しかも不安なはずなのに常に顔は半笑。声も半笑。




どっちも意味わからん。


あーーーーーーーーーーーーーー意味わからん。



こういう婆の相手は疲れる。

<< 「夏休み終わった~!」&「絞り出してもないもの」 | ホーム | う~み~ >>


コメント

Re: 読んだだけで

ふふふ。
修業でございます。

読んだだけで

ドッと疲れた・・・
nicoさんも大変だね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム