おんなじだ~

こちらの食え食え攻撃ですが、本当にどこも年寄は同じようなものなんだなと思いました。
うちの母(68歳)もそうですしね。


この正月に夫の実家に行った時に、義母の食え食え攻撃がありました。

まあ「攻撃」ならこっちも「迎撃」でミサイル一発ぶち込むんですけどね。

うちの義母は
「これはどうかね、食べるかね、どうかね、たべないかね、若い人は、子どもたちもたべないん?おいしいけどね、私なんかが若いころはこういうのが安くてね、よく食べたんだよね、食べないかね、どうかね」
と”法に触れない程度の嫌がらせを続ける”感じで延々言っていて、私が途中で「食べないですよ」と言っても続け、言い返す気も萎え、結果その場にいる全員が右から左へ聞き流す方法をとる、という状態なわけです。

 義母の家の居間のコタツは90㎝×90㎝(たぶん)で、いつも集まるのが8人くらいなら一辺に2人ずつ座ってそこで食事などします(それ以上になる時は和室に移動。しかし普段使っていないし寒いのでテーブル出したり暖房つけたりしないとならない)。
 この正月に行ったときは子供2人、大人5人だったので居間のコタツでことが足ります。ただテーブルに並べる皿は考えないとかなり手狭になってしまう。義母が用意したお節料理(出来合いのマズイやつね・・・)を一皿に盛らないとダメだねといって私が盛っていると

義母「1種類を2つの皿に分けて出して」

例えば蒲鉾を皿2枚に、栗きんとんも別の皿2枚に、黒豆を・・・・合計何枚になるんじゃい!

私 「え~っと、そんなにテーブルに乗らないですよね?それにあのテーブルに同じ料理の皿2枚はいらないですよね?」

義母「皿一つだと手が届かないだろ、遠慮しちゃうしねぇ。テーブルに乗らないなら和室に移るかねぇ」

私 「いや、手届きますよ、余裕で。誰も遠慮しないし。大皿に盛ればあのテーブルに乗るんだから今からわざわざ和室に移る必要もないですよね」

義母「みんな遠慮すると食べないからねぇ。皿はこんな洒落たのがあるけどどうかね」

私 「・・・(聞いてねえぇぇぇぇ)」

義母は1種類の料理を2枚の洒落た皿に分けてコタツテーブルにせっせと持っていくので、「君、好きにしてくれたまへ」と放置。

結局自分の息子(夫)に「こんなに乗らないし、いらないよ!しかも何それ?皿なの?」と一喝され(珍しい)一度下げるも、いつの間にかまたテーブルに乗せてるっていうwwwどんだけゴリ押し~!
で、人が会話しながら食べてる間中「これはどうかね、きんぴらはうどんに入れるといいよね、きんぴら嫌い?食べない?入れてみてね、食べて、みんな食べて」とずーっとブツブツ言っております。

沢山の料理を出すのが良いと思っている(いや、まあそれが旨い料理ならまだいいんですけどね・・・)
そうするのが自分の役目だと思っている
そうしないのは悪いことだと思っている
自分はそうしてもらうことが嬉しい
皆もそうしてもらうことが嬉しいと思っている
皆お腹すいていると思っている(うち2人の客人は「昼食べてきました」と言っている)
皆が本当に遠慮していると思っている
自分が美味しいと思うものは皆も美味しいと思うと思っている
皆が喜べば自分も嬉しい

「誰もお腹すいてないし、誰も食べたいとは言ってないし、誰も美味しいとは言わないし、誰も料理のことなど気に留めてはいない」
ことを、一生懸命客人を気にかけながらも、全く気付いていないのです。

これは私にも言えることですが、見ているつもりで全然見てないんですよね。
目に靄がかかっていてそこにある現象が別のものに見える。
思考力とか判断力とかあれば靄は晴れるだろうし、境地が上がれば別の角度から見られるんだろう。
自分の見えている世界で一生懸命とんちんかんなことをしているのです。義母も私も。

ああ~一緒だなぁ~(涙)と思いました。食え食え攻撃から一つ学ぶ。ちゃんちゃん。


余談ですが。
もてなされる方が「食べないと悪いな」と思うようなもてなし方ってどうなんだつながりで。
旅館に泊まった時、テーブルの上にどんどん運ばれてくる懐石料理。刺身が出てるってのに「サービスです」といってまた刺身の船盛出してくる。
大食いタレントでもないのにこんなに食べられるか~!でも捌かれた魚を思うと食べてやりたい・・・→無理矢理食べる→満腹で幸せをとっくに通り越す。もうあの旅館は止めよう・・・・となる。
少し考えてほしいものです。食事もっと少なくていいから宿泊代安くして。
食事の質を上げて量を少なくするプランを出している旅館もありますけどね。
我が家は最近は「バイキングの方が気が楽だわい」とバイキングの宿を探しております。



<< 子どもに教わった事 | ホーム | 世界名作劇場 >>


コメント

Re: くっそ


まさに「くっそ面倒くさい」んですよ。ほんと。
年に数回会うだけなのが幸いですが^^;

そこから学ぶことがあるので目の前にいるってことかなと。

くっそ

面倒臭え婆あだな。
nicoさんも苦労してるんだね(涙

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム