一人で決められない


先日次女の学校行事に出かけた帰り、次女の同級生のママ達に誘われて3人でランチに出掛けました。

ランチメニューは8種類くらい。
私はカレー、Aさんは生姜焼き定食を選んだのですが、Bさんはなかなか決められず。
しばらく悩んでいたのですが、
「nicoさんはカレーで、Aさんは生姜焼きだよね、どっちにしようかな~」と。

ん?

「いいや!カレーの方にしよう!」

と私と同じカレーになりました。

注文した後に
「ねぇ。悩んでいたのって私とAさんどっちのメニューと一緒にしようかってこと?」
と聞いたら
「そうなの、自分じゃ決められないから、その場の誰かと一緒にしてる」
との答え。

・・・・・そんな奴がいるのか~!

「この店は8種類メニューがあるけど、もし9人で食事に来てBさん以外の人がそれぞれ別の注文したらどうするの?」
と聞いたら、
「うーん、どのメニューにしようか、というより誰と一緒にしようか、と考える」
との答え。


私「自分が何食べたいかって優先されないの?」
Bさん「うん」。
私「自分一人で注文して失敗したらイヤとか?」
Bさん「うん」
私「人と一緒だと気持ちが楽だってこと」
Bさん「うん」
私「要するに”誰かと一緒な安心感” ”責任取らなくていい状態”が欲しいわけ?」
Bさん「ああ~そうだね」


へぇ~。
たかがランチのメニュー決めでも、いろんな人がいて面白いですな。



<< テラヘルツペンダント | ホーム | 大人な子どもと子どもな大人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム