短絡か保留か


次女は4月から小学6年生になるのですが、毎年6年生から、学校のある行事の代表2名が選ばれます。
代表をやりたい人を募って試験をし、先生たちが適性があると思った2人を選ぶというやり方です。

まさかの次女が立候補し、まさかの次女が選ばれました。
結果を聞いて家族全員 「え?(゚д゚)」 というくらい意外だったのですが・・・(ごめんよ次女)

私個人としては「あんなの何が良くてやりたがるんだか」というかんじなのですが、しかし選出以来会うお母さんたちに「次女ちゃんおめでとう!」とか言われたりするので、世間的には学校行事の中の花形という位置づけらしい。ふーん。

次女は家で「うるさい」と言われるくらいガッツリ練習して試験に挑んだので、決まって良かったね、なのですが、「私がやりたい!」のは他の子も同じで、結果を聞いて泣き出す子もいたようです。

で。
泣き出した子の一人にMちゃんという次女とまあまあ仲の良い子がいます。
普段から負けん気のかなり強い子で頑張り屋さんなのですが 、自分が選ばれなかったのが相当悔しかったらしい。
決まった次の日、学校から帰った来た次女が「Mが、私とAちゃん(もう一人の選出された子)を完全に無視するんだよ。そういうやつだとは思わなかった(怒)」と無視されたショックもあり、プンスカしていました。

「まぁまぁ。Mの性格だから、無視するというより、あまりに悔しくて2人とどう接していいか分からないって感じかもしれないよ。やな奴と決めつけないでとりあえず様子見なよ。気持ちの整理が付けば元に戻るかもしれないよ」

と言ってみました。
「そうか、そういうこともあるのかな」とプンスカは収まったよう。
次の日、学校に行ってみたらMちゃんは元に戻ったらしい。

やな奴!と短絡して腹を立てたままだったら拗れて面倒な事になっていたかもしれない。
判断する材料が揃うまで保留にしておいたら、まぁ嫌な気分は多少残るけど感情が悪化することもないし事態を拗らすようなことにはならないのではないかな。

Mが嫌な奴でなくてよかった、とホッとしていた次女。
次の日には「がんばってね」とメッセージ付きの友チョコまでもらってきました。
M、ええ子や(泣)。

***

丸く収まり、俄然練習に張り切る次女(正直うるさい・・・・何カ月続くんだ・・・・)を見ながら「私の小学5年の時に比べてなんて健全なんだ・・・」と思います。
いや、次女のような反応が普通なんだろうけど、私は健全でなさ過ぎた。
私は小学4年で転入してからイジメに遭い、クラスの大半から無視されるなんて日常茶飯事だったのですが、当時の私は家庭環境から親の機嫌を伺いとりあえずその日を平和に終わらせることに全力を使っているような子でして、学校でもどうにかこうにか無視しないでもらえるようボスのご機嫌を伺うようなことをしていました。
当時の私が次女の立場だったら、Mのご機嫌を取っていたのではないか。
相手に腹を立てる気力も、一人に耐える強さも、相手と戦う強さも、自分がいじめられていることを誰かに相談する強さも(親にも言ったことがない)なかったなぁ。何がどうしてこうなっているのか分析したり、うまいことかわしたりする賢さもなかった。自分を折り曲げて、相手に合わせることでその日が無事に終わるならそれでよかった。
5年生の後半にあるきっかけもあり、「これじゃいかん」と気付いてキャラチェンジしましたけど、それまでは蹴られるままに蹴られ、風が吹けばカンタンに転がるボールみたいだったな。そりゃイジメられるわ。

自分の娘たちが当時の自分みたいでないことに本気で安堵しています。




<< こわっ | ホーム | >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム