そこじゃない


とある会の歓送迎会幹事をしておりまして。
めんどくさーと思いつつ、仕事でもこういう幹事業を多々こなしてきたので慣れており、淡々とこなすだけ。

それを大絶賛してくれる人が何人かいる。
「nicoさん、ほんとにぬかりないよねー」とか「完璧ですね!」とか。
善い人たちなのでヨイショして仕事押し付けようとか社交辞令とかではないのは分かる。
(みんな基本主婦なので、幹事業はあまり経験がなく、そのように見えるのだと思う)
(しかし気持ち良いくらい褒めてくれる。人を褒められるってのもある意味才能だと思うこの頃)

以前の私だったら「まあね(ふふん)。」だったと思うんだけど(性格悪いな (;'∀'))、
今の私はこういうことで褒められてもぜーんぜん、嬉しくない。
私がこなしているということを認めていてくれるのはありがたいとは思う。(知らんぷりの人もいるかんね)
でも私が伸ばしたいのはそういうところじゃないもんな、と思ってしまう。

リュケイオンで問題解きながら「あー問題の趣旨が理解できん(;´Д`)」と思いながら解答出して「やっぱりね・・・みんなは分かってるんだなあ」とちょっと萎れていたところだっただけに余計。(萎れるったって気分が落ちたりはしないですが。ちょっと前は結構がっかりしてたなー)
ああ、賢くなりたいなー。


というわけで、感情の浮き沈みがずいぶん減ったなと実感した次第。

しかし褒められても特別嬉しくもないってのは、ちとつまらんな(´・ω・`)


(そもそも、感情の起伏が無くなったのが良いとも限らない)
(ただ単にスレちまっただけかもしれないし・・・)





<< Lykeion4 Q56さんの質問への回答 | ホーム | いいものが来た >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム