FC2ブログ

キテるメッセージ


気まぐれな頻度で引いて、ブログにアップしているドルフィンディビネーションカード。
104枚のカードから、私が12枚引いています。

たまに、一定期間毎回出るカード、というのがあります。
前回どこかで記事にしたけど、その時は
「Entering New Dimensions ~新次元への移行~」というカードでした。
こんだけ毎回出るからにはよほど皆に伝えたいんだろうということで、記事にしました。

今回連続3回出ているのが、こちら。

「Narturing the Young ~幼い命をはぐくむ~」
  おそらく、あなたは今、幼い子どもとのつながりを持っているでしょう。
  あなたの子ども、動物の赤ちゃん、植物の芽。
  優しい時間:幼い頃は感受性や無防備さが備わっています。
  幼い柔らかいハートは厳しさや、心の鎧をまだもっていません。
  新鮮であるという愛と善良さ。
  愛を与えたり、もらったりしたいという気持ち。
  養育と陽気さ。
  まだ無邪気で、弱い幼い子どもを保護したり、世話したりすること。
  子どもや私たち自身のインナーチャイルドを大切にすること。
  私たちの未来の子孫のために、環境や地球を大切にすること。


時期的に(lykeionで出題された「今になって分かったこと」で自分の子ども時代を顧みた)、
この文の中の
「子どもや私たち自身のインナーチャイルドを大切にすること。」
がポイントかな、と思っています。

lykeionで解答したのは子ども時代のある一つの出来事だけでしたが、
他にもまあいろいろ出て来る出て来る。
閉じ込めていた自分がまだ割といた。
出し切ったと思っていたんだけど、自分の視点の高さや視野が変わったのか、以前(インチャの癒しをちょろりやったのは10年前)は気付かなかった、見えなかった子ども時代の自分が、今は見えるというか。
ああ、そうだったね。と思い出しながら過去の自分と手をつないでおります。

これが面白いもので、子ども時代の自分への気付きが、即、自分の実際の子どもに還元されるw


<< 自分で決めない、決めらんない | ホーム | 認めてほしい人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム