この週末、長女の高校受験第一弾(私立高校入試)でした。
土日連チャンで2校受けたのですが、親の私が疲弊した~。

やることと言ったら朝早く起きて弁当作って、長女を受験会場まで連れていく、面接終わったら迎えに行く、って
ただそれだけなんですが、寝坊したら・・・とか、渋滞にハマって遅刻したら・・・とか、普段使わない神経使って本当に疲れた・・・なさけないー。

子どもの受験経験者の知り合いや友人が「受験てなんだか落ち着かないし疲れる」と言っているのを聞いて「そういうものか?」とピンと来ずにいましたが、今回彼女らが言っていたことが良くわかりました。
また友人の一人が「子どもが受験会場に向かう後ろ姿を見て、胸がいっぱいになって号泣しちゃったww」と言っていたのも「へー」と思っていましたが、今回「あの超泣き虫で集団検診もNG、保育園もやっと通っていた長女(本当にひどかった・・・)が、頑張って勉強して受験するまでになったんだなぁ」と思ったら妙~にしみじみと感じ入ってしまい、友人が号泣する気持ちもなんとなく理解できました。

人の気持ちは自分がその境遇に身を置いてみないと分からないものですね。(同じ境遇にあっても本当には分からないけど)
今の自分には分からない、ということを分かっていたいものです。


長女は私立校を2校、公立を1校受けます。(私の住む地域ではこのパターンがスタンダード)
夏から、いくつかの高校を見学に行ったり、自分の成績と照らし合わせたりして、受験したい高校を選びますが、長女の高校の選び方が面白いのです。
私立校はK高、N高、KY高、I高の4校見学に行ったのですが、受験したのはK高とN高の2校です。
本人的にはK高の1校だけで良かったようですが、周りがみんな2校受けているのでN高も受けたという感じです。

KY高とI高は「学校の空気が気持ち悪い」という理由で却下。
選ぶポイントが・・・・空気ですよ、空気。
話を聞いた感じだと、雰囲気というより、場の持つエネルギーが自分に合わないのを察知している感じです。
本人にはそこまでの自覚はなく「なんとなく気持ちが悪くなる」という程度なのですが、そこを重視したようですw

公立高校も、2校見学に行って、やはり「こっちの空気が好き」という理由で決めていました。

私はそんな視線で学校や職場選びをしたことがないので、新鮮です。そういうの感じるんだなーっていうのと、自分が感じてることを意識にあげられるんだなーと。

そう思うと、きっと、上に書いたように5年間泣き続けて保育士を呆れさせた保育園も、保健婦がドン引きするほどギャン泣きした保健所の集団検診(1歳半とか3歳とかの)も、「自分に合わないセンサー」を発動させていただけだったのだなぁ。「でも涙が出ちゃう、だって合わないんだもん♪」
当時の私に「ああ、ただ合わないってだけなんだな」と分かってやれるだけの知恵があったら、母子ともにあんなに苦労しなかったなぁ。「なんでこの子だけ・・・(涙)」とか思ってたし、無理に連れて行ったりしていました。悪いことしたな。

経験しただけでは分からないんだなーやっぱり分かるだけの思考力とかがないと分かんないんだなー。

などといろいろ考えた入試の帰り道でした まる(まとまらなくなってきたので無理矢理終わらす)









こーはく


昨夜は生まれて初めてこーはくというものを2時間以上観てみました(今までは長くて2,3曲?)

予想以上につまらなくてビックリ。

あの下手くそな司会はなんなんだ。
司会進行なんて番組の大事な要素なんだからプロにやらせたらいいのに。
頭が悪くちゃ(勉強できるできないじゃなく)回せない。
昨日は完全に番組を殺しに行ってましたね。
お陰で、まー、つまらなかったわ。

あの「もりあがってまーす」「楽しいでーす」という雰囲気が嫌い。
そして歌が下手な上にくっだらない。(上手い人もいたし、いい歌もあったが)


やはりもうこーはく観るのは止めよう。と思った大晦日でした。







2017


新年あけましておめでとうございます。

朝、庭に出ると、天候もよく静かで本当に穏やかな元日で、こうして平穏に毎日を迎えられていることに感謝の念が湧きましたよ。

今年も、心の掃除をし、御霊を磨いていきたいと思います。







最近よく夢をみるのですが、記憶が断片的で、ちゃんと思い出せないのが悔しい。
必ずどこか遠方へ行って誰かと会話する夢。思い出したら面白そうなんだけどなー。

夢関連で次女(小5)の友達、クラスメイトのMちゃん(女子)の話です。

まずたたずまいがユニークな子で人目を引きます。
長い黒髪、多くて目までかかる前髪、日焼けではないけど黒ずんだ肌、ロングスカート、重ね着、ルーズソックス、年中厚着。写真では必ずビックリするくらいの仏頂面w

そこにきて発言が「ブラック」で、
たとえば先日の学習参観日に私がクラスの他のお母さんと話しをしていたらMちゃんがたたーーーっっとやってきて
「ねぇ私が5年生女子で一番きらいな子誰だかわかる」と聞く。
し、知らないよう・・・というと「○○○○だよ。嫌いなの」と真顔で言って去る(怖っ)
友達同士で遊んでいても、ゲームに負けると、勝った相手に「一生許さないから」と真顔でつぶやく(怖っ)
自分の悪事(カンニングとかやらかす)が友達のチクリにより先生にバレ叱られると「チクった子この世で一番嫌い」と真顔でつぶやく(怖っ)
とまぁ、内実ともに全体的にどよーんとした感じ・・・

次女曰く「Mちゃんは皆の事が嫌いなの。だから皆もMちゃんが嫌い。だからますますMちゃんは・・・(以下略)」。

見た感じも暗いし、肌色も本当に不思議なくらい黒いし、大丈夫かな~と心配したりしていたのですが、
先日の夕食時、次女がこのMちゃんについて「最近変わったんだよ」という。

ブラックなことを言わなくなったんだそうです。

次女が「Mちゃん、前と違って最近優しいけど、どうかしたの」 (直球だなオイ ==;) と聞くと
「怖い夢を見たの。だからああいうこと(ブラック発言)言うのやめようと思った」と言ったのだそう。

『あんたこのままじゃマズいよ』的な夢だったんだそうで、Mちゃんはその夢を「いやな夢見たー」とただ見ただけでなく、自分に直した方がいい部分があることを指摘する夢だと気付いて自分を直そうと行動しているようです。
子どもって・・・というかMちゃん素直だな。
『口で言うは止めたけど、心の中で言ってる』んじゃあマズイけど、どうかな。

昨日Mちゃんと遊んだ次女が言うにはかれこれ1カ月近く『ニューMちゃん』を保っているらしい。

次女「自分を変えようって思えるってエライ」
いやーほんとだよ。


飯が炊ける男


小5の次女が先日学校で家庭科の調理実習をしました。
メニューは「きちんと出汁からとる味噌汁と鍋で炊くご飯」ということで、料理の基本ですね。

4人ずつのグループに分かれて実習し、どういう役割分担だか良くわからないのですが、ともかく次女の班はご飯を炊く役目はKくんが担ったのだそうです。
他の班はどこも「黒く焦げた煙くさいご飯」を炊いた中、次女の班だけ「程よくオコゲもついたピカピカご飯」だったらしい。
次女はこれに感動したらしく「Kを見直した!!」「ご飯めっちゃおいしかった!!」と仕切りに言っていました。(Kくんはママ大好き男で、女子からは「いやだぁ~!==;)」と言われるタイプw)

Kくんは、お母さんがなかなか面白い人で、子どもにいろいろなことをさせているようで、おそらく炊飯もキャンプなどでやらせているのだと思います。(その割に見た目がもやしくんなんだよな~)

次女は自分がキャンプでテントを組んだり、ご飯を作ったりしているので、「男として認められるのは、そのくらいのことができる人間」と思っているようで、Kくんはこの基準に合格した模様(爆笑)

次女は1年の時にはI君が好きで、理由は「親が大病院の院長で本人もおそらく将来医者。お金持ちだから。おもしろいし」(学校の作文にこう書いた。先生が爆笑していた)(えっ?親の意識を反映してるって?いやまさか)
2年、3年の時にはK2君が好きで、理由は「頭がいい」
しかしその後 I君は金持ちだし面白いが、それだけだ。 K2君は小賢しいのと、面倒見てくれる女子に甘えるのがウザったい。という理由で嫌いになった。
それ以降「好きな人いない」ということだったのですが・・・・

「ご飯を美味しく炊ける男 K」がここにきて浮上。

段々男を選ぶ基準が面白いことになってきている~!


次女の男の好みはかなり微妙で、本気で心配している私なのですが・・・
まぁ飯がうまく炊けるならいいか!?
(※次女の好きな男「出川哲郎」と「のはらしんのすけ」・・・・この2人は「いい男」なんだそうだ・・・)

反応


玄関のドアの内側とトイレのドアの内側に

「今日もいい日だ。
 すべてはうまくいっている」

とピンク色の紙に書いたものを貼っています。
ピンク色が潜在意識に働きかけやすいというのと、毎日繰り返し何気なく目に入るものが潜在意識に入っていくというのを利用して、今日もいい日で全てうまくいく(いろんな意味がありますが)といいなぁという思いを込めて遊びでやっています。

また、玄関の外の階段にはブルーソーラーウォーターを作っているボトルが毎日置いてあります。



我が家を訪ねてくる人は玄関前で青い瓶を見て「?」と思い、玄関に入ってピンクの紙を読んで「?」と思うわけです(笑)
「これ何ですか?」と必ず聞かれます。

この2つをやり始めた当初は他人に「変なヤツ」と思われるのが恥ずかしかったので、瓶は人目に付かないところにおいていたし、ピンクの紙も隠したりしていました。
その後、自分では「どう思われてもいいや」と思っていたつもりだったので、瓶を一番日の当たる玄関先に置き、紙も大きくし隠すこともなくなりましたが、「これ何ですか」と聞かれ説明する時には何か妙に後ろめたい気持ちになったりして微妙にごまかした説明をしたりしていたので、やはり心の奥では「変なヤツ」と思われるのが嫌だったようです。
そういう自分の「実は変なヤツとは思われたくない」本音に気付き、考えてることと言うこととやることが一致していなかったら、効くものも効かないだろうなどといろいろ考え、段々図々しく?なり「どう思われようと私のやりたいようにやろう」と思うようになり、今は聞かれるとそれぞれの効能ややり方を丁寧~に説明していますw


「これ何ですか」と聞いて私の説明を聞き、明らかに馬鹿にする人と、焦る人とw、怪しむ人と、妙に感激して「今日から自分もやります」という人と・・・・

統計を取ったところ、私が前々から「この人馬鹿にされるのが最も嫌なことなんだろうな」と感じていた人は私を馬鹿にします。これは見事に当てはまる。怪しむ人(うちの母など)は自分が正しいと思っている人という傾向がある。
「今日から自分もやります!」といった人は今まで3人いて(少ない!)、家をリフォームした時に来た壁紙貼のお兄さん、娘の机を買った時に運んできた配送業のお兄さん、先日巡回連絡に来た警察官のお兄さん。
・・・・現場仕事のお兄さんばっかりだな。みんな真面目で仕事ぶりも良い人達だったな。素直なのかな?

とまぁ、反応が人それぞれでかなり面白いです。
同じものを見て全く違う反応をする。生き辛さ、生き易さも全然違うんだろうな。中には「こんなので幸せになったら苦労しない」と吐き捨てる人もいて、気の毒に思いますよ。。。。たいして金がかかるわけでもない、すぐにできること。「へえ!じゃあやってみようか」と思えたほうが人生楽しいんじゃないかな。

先日巡回連絡で来た警察官はお姉さんとお兄さんの二人組で来たのですが(たぶん女性の方が先輩)、「いいですね!自分もやってみます!」と喜んでいるお兄さんの横で、ひっじょーーーーーーーーーーに訝し気な顔をして私を見ていたお姉さん(笑)
要注意人物とか記録されてるかなぁ。

(要注意人物といえば娘を保健所の集団検診に連れて行かなかった件、予防接種を拒否してる件で市からは一時期「虐待の可能性のある家庭」と思われていたようで、頻繁に電話が来たり訪問が来たりしていたなぁ。変と思われるのはいいが、マークされるのは非常に面倒くさい。その辺賢くやった方がいい。)




たすかるー


高校受験を控えた長女が本人の希望により先週から塾に行き始めました。

塾通いの送り迎えをする他所のお母さん方を「遅くに送り迎え、えらいなー」などと横目で見ていた私ですが、
本当に大変ですね・・・・(==)
今どきの塾ってなんでこんなに遅い時間までやってるの?(うちの子の塾の一番遅い迎えは23時30分)

車で15分ほどのところへの送り迎えなんて単純作業ですが、この10年ほど非常に規則正しく早寝早起き生活を送ってきた私は、迎えの時間まで起きているのが大変(汗)
仕事をやって紛らわせていますが、うっかりすると寝ちゃいそうで怖い。
で、遅くまでパソコンで仕事で目を酷使、その後迎えに行き、帰宅、長女の入浴後に入浴、寝る。
寝る時間が1時過ぎるわけですよ・・・・翌朝、寝不足&疲れ目で、シャキッと起きられない。
なんか調子狂うわーおかげで風邪ひいた。

新しい生活習慣に適応できない私と違い、長女は塾が新鮮で楽しいらしく、いきいきと勉学に励んでいる(学者か?)ので、まぁいいんですけどね・・・・
残り3か月だけだし。がんばるぞー。



そんなわけで、生活が乱れてボンヤリしてる上に年末でアレコレ予定が立て込んでいるもんで、自分の予定や家族の予定をウッカリ忘れていたりすることがあるのですが、不思議なことに「その予定にぎりぎり間に合う時間」に「はっ!!!!」とその予定を思い出すのですよ。
「あれ~今日なんかあったような気がするな~」からの「あ、そうだ」じゃなくて、
本当にすっかり忘れていて(オイ)、突然雷に打たれるみたいに「はっ!!!」と予定の記憶が降ってくる。しかもぎりぎり間に合う時間に(笑)
あ、あと関連する単語が突然目に入って「あ!!」となることもある。

潜在意識のなせるわざ?それとも妖精か何かが耳元でささやいているのか?それとも上の人による喝か?

いずれにしても助かってますw 「ありがとうー!!」と何かに向かって一人で叫ぶこと度々。ただのヤヴァい人?

基本、予定はカレンダーに書くんですが、「あとで書こう」と思っていて忘れることがしばしば。いかんなー。しゃっきりせねば。
(先日は長女の願書を2回も書き間違え、長女に「緊張感なさすぎ!!」とこっぴどく叱られました・・・えーん)



感動w



誰もが知っているあの曲。
小学生が学校のピアノでしたり顔で弾きたがるあの曲。

聞き惚れてしまったw
なんか爽やかに元気出たw
また出てくる猫が可愛い♪

作曲とか編曲できる人ってすごいなぁ



| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ